スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | 

アートフラワーの額




すごいでしょう、畳半分くらいある大きな額なんですよ。

私のアートフラワーの先生の教室の作品です。

渋い紫系の大輪のシルクデシンの薔薇を中心に、同系色の色々な花でびっしり埋めています。

これだけ作るのに何日掛かったんでしょうね。

落ち着いて重厚な感じが、広い洋間やお店に合いそうです。

気が遠くなりそうな、大変な作業です。


スポンサーサイト
記事URL | 薔薇のアートフラワー | COM(0) | TB(0) | 

アートフラワーの薔薇で飾ったトルソー
とってもラブリーなピンク色のドレスを着たトルソーです。

スカートはフェザーシルク(羽衣)という生地で、小さなシルクの薔薇があちこちについています。

ドレスの色を白に変えるとウエディングドレスのように見えるので、結婚のお祝いにプレゼントしてもいいですね。







記事URL | 薔薇のアートフラワー | COM(0) | TB(0) | 

小さめのパンジーのコサージュ




雑貨屋さんで見つけた小さなパンジーのコサージュです。

コサージュをつけなれない人は、仰々しく感じたり目立ちすぎるように感じたりして、抵抗があることが多いようです。

そんな人でもこの位の大きさのものなら、胸元にさりげなくつけることが出来そうですね。


記事URL | 薔薇のアートフラワー | COM(0) | TB(0) | 

濃いピンクの薔薇のリース



これも大輪の薔薇のリースですが、濃いピンクの薔薇と淡いピンクの薔薇、ワイン系の小花で作っています。

小花と添えのリーフがかなり沢山必要なので、ちょっと根気が要りますが、イギリスの片田舎の農家に飾られていそうな雰囲気を出しています。


記事URL | 薔薇のアートフラワー | COM(0) | TB(0) | 

真紅の薔薇のリース



クリスマスリースにも使えそうな強烈な真紅の薔薇のリースです。

真紅と言ってもヴィクトリアン風なアンティークな雰囲気が出るように、深い抑えた赤になっているので、秋から冬にかけて飾りたいリースだと思います。

暖炉のある客間なんかに飾るとぴったりマッチして、素敵でしょうね。

と言っても、もちろん寒い季節だけに活躍するわけではありません。

夏の間は窓辺のレースの上にずっと飾られていましたが、違和感なしで
存在感を出していましたよ。
記事URL | 薔薇のアートフラワー | COM(0) | TB(0) | 

アートフラワーのすみれ
CIMG0195.jpg


白っぽいシルクオーガンジーのスミレの花束です。

中心に紫ですじを引いています。

紫のすみれも可愛いですが、白いのもなかなか可愛いですね。
記事URL | 薔薇のアートフラワー | COM(0) | TB(0) | 

薔薇のミニリース
20060921212223


夏に作った小さなリースです。
実は内側にゴムをつけて、ブレスレットに出来るようになっています。

軽くて光沢が出るようにすべてシルクで作りました。

ハワイムームーに似合うイメージです。

使わないときはリースとしてお部屋に飾れるので一年中楽しめるんです
記事URL | 薔薇のアートフラワー | COM(0) | TB(0) | 

| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。